福田怜奈が抱える病気の症状や原因・現在について調査!【ノンフィクション】
スポンサーリンク

2020年3月15日(日)に14時00分~14時55分からフジテレビで放送する『ザ・ノンフィクション』に、3つの病気と闘病しながら低糖質スイーツの開発に奮闘する「福田怜奈さん」が出演します。

 

今回は福田怜奈さんが抱える3つの病気とはどんな病気なのか?

また症状や原因、現在の福田怜奈さんの状況について調査してみました。

スポンサーリンク

福田怜奈のプロフィール

プロフィール
名前 :福田怜奈(ふくだ れいな)
誕生日:1986年6月26日

年齢 :33歳
出身地:アメリカ合衆国オハイオ州
身長 :156cm
血液型:O型
学歴 :東邦音楽大学 卒業
職業 :「SHEA EAT(シェアイート)」代表
前職 :元タレント(元松竹芸能所属)

福田怜奈さんは1986年6月26日にアメリカ合衆国オハイオ州で生まれました。

 

福田怜奈さんは小さい頃から現在までたくさんの病気にかかりました。

 

生まれてすぐに右卵巣に腫瘍があったことで切断します。

幼少の時は身体が弱かったので学校も休みがちでなかなか登校出来なかったそうなんです。

 

芸能界に興味を持った福田怜奈さんは15歳の頃に読者モデル、その後にグラビアアイドルの活動をはじめました。

 

東邦音楽大学音楽療法士を目指しながら、松竹芸能に所属し「島田怜奈」の名前でタレント活動を開始します。

 

福田怜奈さんは学校に通いながら、タレントや読者モデルなどの活動などをしていたのですが、仕事と学校の両立のストレスが原因で「摂食障害」になってしまい、自殺未遂をするまでに追い込まれてしまったそうなんです。

 

その後は芸能界を離れて、訪問介護士2級の資格を取得。

 

介護職で働いている時に、自分と同じように悩む人のために「超程糖質スイーツ」の開発をすることを成功し、現在は「SHEA EAT(シェアイート)」を立ち上げ、代表として活動しています。

スポンサードリンク

福田怜奈が抱える病気や症状や原因は?

福田怜奈さんが現在抱えていいる3つの病気とは、

・脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)
・反応性低血糖症(はんのうせいていけっとうしょう)
・難治性重症便秘症(なんじせいじゅうしょうべんぴしょう)

です。

 

現在の旦那さんである竜平さんと交際中の時に、「脳脊髄液減少症」と診断されました。

その後の診断で「反応性低血糖症」「難治性重症便秘症」と診断されて、現在は3つの病気と闘っています。

 

福田怜奈さんが現在抱えていいる3つの病気とはどんな病気なのでしょうか?

脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)は1983年に初めて発症が確認された、比較的新しい病気である。交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃によって脊髄の硬膜が破れ、脳と脊髄の周りを満たす脳脊髄液が漏れて減少することにより、頭痛、めまい、頸部痛(首の痛み)、耳鳴り、視力低下、全身倦怠感などのさまざまな症状を伴う疾患。平均発症年齢は40歳前後で、3対1の割合で女性に発症している。軽い頭部の外傷や、むちうちなどに続発する可能性が高いと言われている。最近では、髄液圧が正常にもかかわらず、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の症状を発症しているケースもみられている。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)のことについて調べて見ると、1983年に初めて発症が確認された、比較的新しい病気なんだそうです。

脳脊髄液減少症にかかる平均発症年齢は40歳前後らしく、3対1の割合で女性に発症しやすい病気です。

最近では髄液圧が正常だとしても脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に発症していることもあるため、油断出来なくなっています。

原因

脳脊髄液減少症が発症する原因は以下のことが当てはめられます。

外傷などの明確な原因が見当たらないにもかかわらず、症状を発症してしまう特発性、スポーツ中や交通事故、日常生活においての転倒や打撲、暴力などによる外傷性、脊椎手術、腰椎穿刺、整体治療など が原因で起こってしまう医原性などが主な原因となっている。

Doctors Fileよれば他にも、上記のようなことが原因で髄液が漏れ出てしまうことで症状が発症しやすくなります。

髄液の漏出が原因でない場合もありますが、圧倒的に髄液漏出が原因となることが多いそうです。

 

座ったり立ったりを繰り返していると髄液の漏出量が増加し、症状が出やすくなるとも言われてます。

症状

脳脊髄液減少症になると、以下の症状が出始めるそうです。

・頸部痛、背部痛、めまい、吐き気、耳鳴り、全身倦怠感、眼痛、不眠、味覚障害、歩行障害、記憶障害

症状としては起き上がるとき頭痛を引き起こす起立性頭痛が最も多いそうです。

急性の起立性頭痛の場合は、数分間座っていることができなくなるほどの頭痛が起こる場合もあるそうです。

そのような症状が見られた場合は、脳脊髄液減少症の可能性がありますね。

スポンサードリンク

反応性低血糖症(はんのうせいていけっとうしょう)

反応性低血糖症とは、低血糖症の一つで反応性低血糖症以外にも「無反応性低血糖症」「乱高下型低血糖症」など低血糖症の病気と言われています。

 

その中でも反応性低血糖症は以下のようなことが起こります。

食後に急激に血糖値が上がり、ピークに達すると急激に下がるのがこのタイプの特徴です。3~4時間後には空腹時の数値の50%にまで低下してしまうこともあります。

血糖値が急低下すれば、上げるためにたくさんのホルモンが放出されます。どのホルモンが作用するかで違いますが、心身に様々な影響をもたらします。興奮系のアドレナリン、ノルアドレナリンが大量放出されると、動悸や手足のしびれ、筋肉のこわばり、頭痛、精神面ではイライラや不安感、恐怖心などがあらわれることになります。

また血糖値が下がりすぎることで、エネルギー源として脳に供給されるブドウ糖が不足するので、集中力が落ちたり、強い眠気に襲われたりといったことも起きやすくなります。

一番問題になるが、インスリンの分泌の遅れが発生し、大量に出ることで、インスリンには脂肪を合成するが働きがあるため、分泌されるインスリンの量が増えればそれだけ太りやすくなってしまうんです。

食事の量は増えてないのに太ってきたという人はこのタイプの低血糖症の可能性があります。

原因

反応性低血糖症を起こす原因は以下にあると言われています。

 

・薬を服用している場合

いつもより食べる量が少なかった理、運動量が多い時、食事時間が遅くなったなどのときに起こりやすく、薬の効果が強く出て血糖値が下がりすぎた状態だそうです。

薬の量は個人の日頃の食事量や食事時間、運動量により決待っているので、リズムが狂うときに発症しやすく、特に昼食前や夕食前に起こりやすくなると言われています。

 

・薬を服用していない場合

糖尿病やその予備群になっている人は、インスリンが分泌される量が少なくなっているのと同時に、分泌するタイミングにずれが生じて遅くなっていることで反応性低血糖症が起こりやすくなります。

軽い場合はあまり症状がなくて空腹感だけの場合もあるので、間食を食べてしまうことが原因であることもあります。

 

症状

反応性低血糖症の症状として、以下の症状がみられます。

<軽度の低血糖>
発汗、神経質、ふるえ、失神、動悸、空腹<重度の低血糖>
めまい、疲労感、筋力低下、頭痛、集中力の欠如、錯乱、不明瞭な話し方、かすみ目、けいれん発作、昏睡

症状は徐々にあるいは突然現れるそうで、数分のうちに軽い不快感から重度の錯乱やパニックを起こす危険性があります。

長年の糖尿病患者は低血糖の初期症状を自覚できなくなり、他の症状もないうちに失神や昏睡に至ることがあるのですごく危険なのです。

 

もし仮に反応性低血糖の症状が現れてしまった時は慌てないでください。

低血糖だと思ってガツガツ食べてしまうと、その後は高血糖になってしまうので、できるだけ落ち着いて行動してください。

 

もし反応性低血糖症の症状が出た場合は、角砂糖1個、スティックシュガー1本、キャンディ1個、缶コーヒー半分程度のものを摂取した方がいいそうです。

逆にあんパンを2個やチョコレートをまるまる1枚などをとると血糖値が上がりすぎるので、摂取する量には十分注意しましょう。

スポンサードリンク

難治性重症便秘症(なんじせいじゅうしょうべんぴしょう)

難治性重症便秘症とは「便秘症」の一種で、若い方では女性が多いのですが、年齢が上がるに連れて男女差はあまりなくなっています。

通常の便秘症と違うのは、腸管の病的拡張を伴うものなのだそうで、最悪の場合は大腸の切除手術を考えないといけないほどの重病なんだそうです。

原因

難治性重症便秘症にかかってしまう原因は以下だと考えられます。

便秘は、運動不足と食物繊維の少ない食事が原因と考えられます。1週間に1回以下しか運動をしない人は、毎日運動する人の2倍の頻度で便秘症になります。 食物繊維の少ない食生活の人は、1日20g以上の食物線維をとる人に比べ1.5倍便秘になり易いと言われています。

便秘の治療は、生活習慣の改善と食事療法で治療を行いますが、それでも解決しな場合には浸透圧性下剤や刺激性下剤などの薬を使うのですが、刺激性下剤を長期連用によって、大腸の神経や筋組織を損傷し難治性便秘症になってしまうのです。

症状

症状としては以下の症状が見受けられます。

・極度の体重減少
・便秘による腹部膨満や腹痛
・直腸からの出血
このタイプの便秘は、食物繊維を摂取することによりもともと停滞していた便の容積がさらに増大しており、症状が悪化する可能性があります。
なので治療に際してはかなりの注意が必要なのです。
また、大腸がんの家族歴がある人や50歳以上の方がかかりやすい病気なんだそうです。
スポンサーリンク

福田怜奈の現在について

福田怜奈の現在は、病気のせいで外出する時は杖が欠かせない身体になってしまいました。

旦那である竜平さんは過程や子作りに真剣に向き合って欲しいと思いますが、一度流産した経験から子供を作るのが怖いのと、仕事にまい進する怜奈さんの様子をみて旦那の竜平さんから「妊活に向き合っていないよね?」と問いかけられ、夫婦の間に見えない溝が生まれ始めてしまいました。

 

会社の経営が大変で、自分の給料も家に入れられないのに、ボランティア活動に力を入れる福田怜奈さんに竜平さんはとうとう痺れを切らしてしまいます。

それでもリスマスに低糖質ケーキを無料で渡したり、1週間仕事でたち続けた結果、全身がむくんでしまいました。

 

多忙で体調が悪化する中、不満が募りますが、全く話も聞いてくれない竜平さん。

 

どうやら竜平さんは無理をする福田怜奈さんのことが心配でいる様子ですが、自分のことと家庭を後回しにして仕事を優先する福田怜奈さんの行動に反対しているようです。

 

しかし「ザ・ノンフィクション」の番組内でお互いに言いたいことを言い合い、2020年3月現在の福田怜奈さんと竜平さんの関係は良好になっていました。

 

スポンサードリンク

福田怜奈が抱える病気の症状や原因・現在について調査!【ノンフィクション】まとめ

いかがでしたか?

 

今回は福田怜奈が抱える3つの病気の症状や原因・現在について調査しました。

今回調べたことをまとめてみると、

まとめ
・脳脊髄液減少症は起き上がった時に激しい頭痛がする
・反応性低血糖症は食べていないのに太ってしまったり、急激に血糖値が下がってしまったりする
・難治性重症便秘症は便秘症の中でも重い病気

上記のことがわかりました。

 

今回調べて思ったことは、福田怜奈さんが抱える3つの病気とも全て難病ばかりですね。

 

ですが、そんな状態でもクリスマスに低糖質ケーキを販売と同時に、糖尿病などで普通のケーキを食べられない人に低糖質ケーキを無償で配ったりなど食べてもらおうという活動を始める福田怜奈さん。

そんな福田怜奈さんの仕事に対する思いは、本当に自分が病気にかかっているからこそ、自分と同じ難病の人にケーキを食べて幸せになって欲しいという強い思いが伝わっていますね。

 

一刻も早く福田怜奈さんの元気な姿を見れるように願っています。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ザ・ノンフィクション 過去の出演者 情報

関連記事:宮川花子が余命半年宣言!?何の病気にかかってしまった!?現在は?

関連記事:1月の総組No.5・Group売上No.1の大阪ミナミのホスト・霧咲虹音は整形していた!?

関連記事:ギャンブルで300万円の借金を抱えたと言われている若き落語家・快楽亭ブラ坊のクズっぷりとは?

関連記事:「やんちゃ和尚」として子供たちを保護してきた「西居院」の熱血和尚・廣中邦充が死亡!?

スポンサーリンク
おすすめの記事