安室奈美恵の今現在(2020最新)何してる?引退後の目撃情報や画像あり!?
スポンサーリンク

2020年5月3日(日) 19時58分~20時54分に放送される『世界の果てまでイッテQ!』で、珍獣ハンター・イモトさんと安室奈美恵さんの初対面した時の映像が放送されまました。

 

安室奈美恵さんは1990年代に数多くのヒット曲を生み出して平静を代表する歌姫として絶大なる人気があしました。

 

しかし、多くのファンに惜しまれつつも突然の引退発表をし、2018年9月16日をもって芸能界を引退したことで話題になりました。

 

そんな安室奈美恵さんが現在何をしているのか話題になっていたところ、引退後の目撃情報などの噂がありました。

 

今回は、安室奈美恵さんが今現在何をしているのか?や引退後の目撃情報などについて調べてみました。

スポンサーリンク

安室奈美恵のプロフィール

プロフィール
名前 :安室奈美恵(あむろ なみえ)
誕生日:1977年9月20日
年齢 :42歳
出身地:沖縄県那覇市
血液型:O型
身長 :158cm
学歴 :沖縄アクターズスクール
職業 :元歌手、ダンサー、タレント

スポンサードリンク

安室奈美恵の今現在「引退後」目撃情報や画像は?

安室奈美恵さんは1992年にデビューし、1995年に小室哲哉さんと出会いプロデュースを受けたことでミリオンヒット作を次々と世に送り出しました。

 

そんな安室奈美恵さんが2018年9月16日をもって芸能界を引退してからの何をしているのでしょうか?

 

まずは週刊誌で引退後の目撃情報やら画像があるかを実際に調べてみました。

【2018年10月】ロンドン

安室奈美恵さんが引退直後にロンドンにいたと目撃情報がありました。

ロンドンにいた安室奈美恵さんは髪型がボブヘアにしていたそうです。

2015年にはインビューで「将来はボブスタイルにしたい」と答えていたこともあるので、事務所に所属していた時は髪型なども自由が聞かなかったりするので、引退してから短くしたのだと思われます。

【2019年2月16日】三浦大知のライブ

SNSの情報によれば2019年2月16日日本武道館で行われた三浦大知のライブを観に来ていたという目撃情報があり、SNSでは話題になっていました。

ここでも安室奈美恵さんはボブヘアで参加していたそうです。
三浦大知さんも同じ沖縄県のアクターズスクール出身なので、関係者として招待されたのかもしれませんね。
ちなみにボブヘアだったのが、後日にはポニーテールに戻していたそうです。
スポンサードリンク

週刊誌での目撃情報や画像は?

安室奈美恵さんの週刊誌などに引退後の目撃情報やら画像があるかを実際に調べてみたところ、引退前は過去に何度か取り上げられていた様子はあります。

しかし、引退後の目撃情報や画像は一切ありませんでした。

 

少なからず1度くらいは引退した芸能人が週刊誌に取り上げられた情報など入ってきたりしますが、安室奈美恵さんに関してはそのような情報が一切ありません。

 

それには深い理由があるようです。

取材自粛要請にて守られている?

安室奈美恵さんが引退してから全く週刊誌に報道されていないのにはどうやら理由があるようです。

 

調べて見ると、安室奈美恵さんの代理弁護士から、下記の取材自粛要請の内容の書類がラストコンサート数日前に週刊誌宛てに送付されたからということがわかりました。

《安室のプライバシーに関する記事や名誉を棄損する記事等が掲載された場合には、一般私人への権利侵害行為として、しかるべく法的措置を講じることになります》

引用:週刊女性PRIME
またこの内容に対し、芸能プロ関係者は下記のように語っていました。

「安室さんはもともとマスコミ嫌いですから。それも週刊誌がね。いままでいろいろ記事にされ、そのたびに憤慨していたと言います。

 1億円を超える損害賠償を求めて出版社などを訴えたこともありました。一般人となった今は、なおさら、週刊誌などに取り上げられることがイヤなんだと思います」

引用:週刊女性PRIME
つまり、安室奈美恵さん自身がマスコミがもともと嫌いで、私人となってから取材しないで欲しいということを訴えているということです。
このことから、残念ながら安室奈美恵さんは引退した後でも、残念ながら週刊誌には画像などが載せらることがありません。
このような様子だと安室奈美恵さんが芸能界復帰する様子は当面ありそうになさそうですね。
スポンサーリンク

安室奈美恵の今現在(2020最新)何してる?

2018年に引退したその後、週刊誌などには一切報道されない安室奈美恵さんですが、2020年の今現在何をしているでしょうか?

 

実際に調べてみました。

①若手育成をしている!?

安室奈美恵さんが現在何しているかを調べてみたところ、引退するまでは芸能事務所「ライジングプロダクション」にいたそうですが、現在は独立してエイベックス内のプライベートレーベルに所属してお仕事をされているそうです。

 

スポーツ誌によれば、安室奈美恵さんは引退前に「引退後はプロデュース業に回って若手の育成に励みたい」というようにコメントしていたことがあります。

安室は数年前からアーティストのプロデュースに強い関心を持っている。引退後に当面休養した後、プロデューサーとして新たにスタートし“第2の安室”を育てる可能性がある。

安室は「Say the word」(01年)などを作詞したことがあり、関係者は「メッセージ性の強い詞を書く人。プロデューサーに向いていると思う」と話す。スポニチ本紙の取材では、本人のものとは世に知られていない“隠しペンネーム”で楽曲制作をしたこともあり、その名前を使って極秘でプロデューサーデビューすることが考えられる。

引用:スポニチ

真相はわかりませんが、芸能界の表には出ずに裏方として新たなニュースターを産むために若手育成をしている可能性が高いと思われます。

②印税だけで生活をしている?

安室奈美恵さんは印税だけで生活をしているのではないのか?とも言われています。

 

1990年代後半からミリオンヒット曲を次々に生み出している安室奈美恵さん。

1997年の時点でアルバムの売り上げは2000万円を越えているので、この時期から安室奈美恵さんの年収はかなり稼いでのではないでしょうか。

 

さらに安室奈美恵さんは、2018年のオリコン年間ランキング売上1位を獲得しています。

オリコンは20日、2018年のCDや音楽DVD、ブルーレイなどの年間売り上げランキング(2017年12月11日~18年12月9日)を発表した。アーティスト別では、安室奈美恵さんが190億円で1位になり、1996年以来2度目の大賞を受賞した。2位は乃木坂46の103億3千万円だった。

 安室さんはアルバムが「Finally」など計28億7千万円、音楽DVDとブルーレイは「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」など計161億2千万円で、各部門の1位に。シングルはAKB48が「Teacher Teacher」など計61億8千万円、新人賞はKing&Princeが「シンデレラガール」など計16億円で1位だった。

そうなると、安室奈美恵さんはかなり印税をもらっていた事になりますね。

 

安室奈美恵さんまでになると、印税だけで一生分暮らせるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

安室奈美恵の今現在の住まいは京都にある?

安室奈美恵さんの住まいについて調べてみると、色々な情報がありました。

その中でも特に濃厚な情報が「京都に住んでいる」という情報です。

 

 

安室奈美恵さんはどうやら京都にある最上階に4LDK、150平米の2億円以上の購入マンションを購入したという情報がありました。

購入したマンションは「ザ・京都レジデンス岡崎」というところだそうです。

住所:〒606-8342
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町5−3

安室奈美恵さんは「ザ・京都レジデンス岡崎」の最上階をワンフロアぶち抜きで購入しています。

 

「ザ・京都レジデンス岡崎」の立地は、

・春になれば、岡垣疎水沿いの桜並木を見れる
・哲学の道や南禅寺が徒歩でいける
・床面積が約150平方メートルほどある

といった良い立地の場所なんだそうです。

 

地元の住民からも目撃情報があるそうで、このマンション付近で安室奈美恵さんらしき人物が買い物をしている姿を見たという目撃情報もあるそみたいです。

 

また、地元の不動産関係者が「安室奈美恵さんが購入された」と話しており、「ザ・京都レジデンス岡崎」に住んでいる可能性が高そうですね。

安室奈美恵の今現在(2020最新)何してる?引退後の目撃情報や画像あり!? まとめ

いかがでしたか?

今回は、安室奈美恵さんが今現在何をしているのか?や引退後の目撃情報などについて調べてみました。

 

今回調べた内容をまとめると、

まとめ
・引退後の週刊誌に取り上げられた姿は一切ない
・プライベートは取材自粛要請にて守られている
・独立してエイベックス内のプライベートレーベルに所属して若手育成をしている可能性がある
・「ザ・京都レジデンス岡崎」というマンションに住んでいる可能性がある

"平成の歌姫"として爆発的に人気を得ていた安室奈美恵さんですが、現在では一般人として静かに暮らしているみたいですね。

 

今度、可能性は低いと思いますが安室奈美恵さんの芸能界復活の姿が見れるといいですね!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事