福田由香里がパイロットになった理由/wiki/年収/経歴がヤバい!?旦那(夫)や子供や結婚は?【情熱大陸】
スポンサーリンク

2019年12月29日(日)の24:00からTBS系列で放送の『情熱大陸』に、海上保安庁ヘリコプターパイロットの初の女性である『福田由香里』さんが出演します。

・福田由香里さんの経歴や年齢は?

・福田由香里さんは結婚はしてるのか?旦那(夫)や子供は?

 

今回は福田由香里さんのことについてわかる範囲で調べたので紹介します。

 

スポンサーリンク

福田由香里(パイロット)のwiki風プロフィール/経歴・年齢【情熱大陸】

プロフィール
名前:福田由香里(ふくだ ゆかり)
生年月日:1982年9月17日
年齢:37歳(2019年現在)
出身地:石川県金沢市
赴任先:仙台、鹿児島、新潟、羽田
勤務先:羽田航空基局(2018年4月)

福田由香里さんの生年月日は1982年9月17日で年齢は37歳になります。

出身地は石川県金沢市です。

 

福田由香里さんの経歴としては、23歳の頃からパイロットとして海上保安庁に勤務しており、仙台、鹿児島、新潟、羽田など全国を渡って数々の救護活動を得てたくさんの人命を救っています。

福田由香里さんは2018年に12月に、海上保安庁が所有する中で最大のヘリコプター『スーパーピューマ225』の機長として就任しました。

世間では初めての『スーパーピューマ225』の女性機長ということで福田由香里さんが話題になっています。

 

福田由香里がパイロットになった理由は?

福田由香里さんはパイロット歴が14年のベテランですが、昔に比べると女性でも挑戦できる仕事は増えて来ましたが、それでも海上保安庁のパイロットになる女性はいないと思います。

 

海上保安庁のパイロットになった理由を調べると、「一度の人生なので、関心があったパイロットにチャレンジしようと思った」そうで、女性も気軽に挑戦できる職業だと福田由香里さんが話していることがわかります。

 

今回の情熱大陸の放送をみて、福田由香里さんに憧れてパイロットを目指す女性も増えるかもしれないですね!

スポンサーリンク

福田由香里(パイロット)の仕事内容・操縦技術

福田由香里さんが務める海上保安庁ヘリコプターパイロットの仕事は、海難救助の要請が来たら特殊救助隊である「海猿」をヘリに乗せて、飛行クルーと共に現場に行き救護活動を行います。

ヘリから降りて救護活動を行うのは「海猿」の仕事でです。

福田由香里さんが務めるパイロットの仕事内容を載せました。

①海猿を現場に運ぶ
②要救助者を釣り上げる
③帰還する

上記の内容が福田由香里さんが務めるパイロットの仕事内容です。

 

福田由香里さんが操縦しているヘリコプターは、海上保安庁が所有する中で最大のヘリコプターと言われている『スーパーピューマ225』です。

スーパーピューマ225は主に国賓や内閣総理大臣などの要人を運ぶために使用されている「要人輸送専用ヘリコプター」です。

1986年に導入された同様の要人輸送任務に使用されていたが「AS-332Lシュペルピューマ」が老朽化してしまい、同機体の発展型となる「EC-225LPスーパーピューマ」が後継として導入されました。

定員は操縦士を除き最大19人いて、2018年4月26日の発注で、海保へ2021年3月までに引き渡されるスーパーピューマは13機となりました。

 

小さいヘリより大きいヘリの方が慣性が大きくなる分、操縦は難しいそうです。

 

スーパーピューマ225はヘリの中でも大きめのタイプみたいで操縦にはかなりのテクニックが必要みたいですが、福田由香里さんはスーパーピューマを、両手両足をミリ単位で動かして自在に操っています。

 

ヘリの操縦は1人では出来ないらしく、操縦する機長の福田由香里さんからは見えない刺客なども多いらしく、同乗しているパイロットと連携をとってヘリをコントロールしています。

 

操縦で最も難しいのが一点に止まる「ホバリング」と言って、ヘリコプターが空中で停止することです。

エンジンは出力最大にしつつ空中に止まっているので、風の影響を受けやすくヘリが最も不安定になってしまう状態です。

 

そして特殊救難隊をヘリから海上へ降ろす際に気をつけなければならないのが、ヘリのプロペラから発生する、海への叩きつける風「ダウンウォッシュ」を要救助者に当てないようにヘリをコントロールしなければなりません。

 

もし当たってしまえば要救助者が溺れてしまう危険があります。

 

「ホバリング」で空中に止まりつつ、「ダウンウォッシュ」を要救助者に当てないようにヘリをコントロールすることはかなりの技術がないと難しいです。

 

福田由香里さんはそんな状況の中、福田由香里さんの繊細な操縦のおかげで何人もの人が助かっています。

 

ですがは福田由香里さん曰く「100点満点のフライトはない。」ということで満足ではないと語っています。

 

福田由香里さんは女性ながらもものすごく逞しく、パイロットとしてとても重要な仕事をしています。

 

福田由香里(パイロット)の年収は?

福田由香里さんは年収いくらもらっているのでしょうか?

 

ネットで調べてみたところ、海上保安官(公安職)の平均年収が出てきたので、グラフを載せます。

グラフを見絵うと、航空管制官(公安職(二))の平均年収は、28歳以上32歳未満で4,458,877円、36歳以上40歳未満で5,961,674円、44歳以上48歳未満で7,357,992円、52歳以上56歳未満で8,419,968円となっています。

 

このグラフを見ると、福田由香里さんは37歳なので、約600万円が福田由香里さんの年収だと思われます。

 

福田由香里(パイロット)は結婚はしてる?旦那(夫)や子供はいるのか?【情熱大陸】

福田由香里さんは現在37歳で、年齢的に旦那(夫)や子供がいてもおかしくないのでは?と思い、福田由香里さんの旦那(夫)や子供について調べてみました。

 

ツイッターや ネットで検索をかけて調べてみた結果、今のところは情報はありませんでしたが、年齢的に旦那(夫)や子供がいてもおかしくはないんじゃないかなとは思います。

 

ただ詳しい情報はわからないので、情熱大陸での放送をみつつ、旦那(夫)や子供の情報は入り次第ブログを更新します。

 

福田由香里(パイロット)【情熱大陸】 まとめ

いかがでしたか?

 

一見、パイロットの仕事は人を運んで帰るというようなイメージが強く、海猿の引き立て役みたいな感じですが、実はパイロットの操縦技術が救護活動にとってはかなり重要な役割をしていることがわかりました。

 

海猿を海に送ることができ数々の人命を救ってきたのも 、福田由香里さんを含むパイロット達のおかげと言っても過言でないと思います。

 

そんな福田由香里さんは、23歳の頃からパイロットとして海上保安庁に勤務しており、仙台、鹿児島、新潟、羽田など全国を渡ったのち、2018年に12月に、海上保安庁が所有する中で最大のヘリコプター『スーパーピューマ225』の機長として就任し数々の活躍を見せています。

 

女性である福田由香里さんですが行動や言動はすごく逞しく、海上保安庁のパイロットになったのも「一度の人生なので、関心があったパイロットにチャレンジしようと思った」という理由でが、男である管理人の私も「かっこいい」と思ってしまうほど生き様が素晴らしいです。

 

福田由香里さんの今後の活躍を期待しています!!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事