小澤輝真が病気(難病)!?余命3年と告げられた病名や症状・現在は?【ザノンフィクション】
スポンサーリンク

2020年4月5日(日)の14時00分~14時55分にフジテレビで放送される『ザノンフィクション』に、『北洋建設』の社長・小澤輝真さんが出演します。

 

『北洋建設』とは約50年前から元受刑者を積極的に採用している北海道・札幌市にある会社です。

 

北洋建設の社長を務める小澤輝真さんは、なんと難病にかかってしまい医師からは「余命3年」と告げられているのです。

小澤輝真さんが抱えている病気とは何なのでしょうか?

 

今回は小澤輝真さんの病気の病名や症状に、現在についてわかる範囲で調べて見ました。

スポンサーリンク

小澤輝真のプロフィール

プロフィール
名前  :小澤輝真(おざわ てるまさ)
誕生日 :1974年10月31日
年齢  :45歳

出身地 :北海道札幌市
最終学歴:放送大学院文化科学研究科
趣味  :資格集め(70以上保有)
職業  :北洋建設株式会社 取締役社長
1974年10月31日に北海道札幌市で生まれた小澤輝真さんは、約50年前から元受刑者を積極的に採用している北海道札幌市にある会社『北洋建設』の取締役社長をされています。
もともと北洋建設は小澤輝真さんの父親の会社だったのですが、父親は50歳で病気でなくなってしまいます。
小澤輝真さんはそれまで製版会社に勤めていたのですが、なくなってしまった父親の代わりに新社長に就任(現在は会長)した母親を助けるために、製版会社の会社を辞めて北洋建設に就職しました。
しかし、小澤輝真さんは7年前の2012年に難病にかかってしまい、余命宣告10年と告げられてしまうのです。
余命宣告を告げられた小澤輝真さんは2013年に北洋建設の社長に就任し、「仕事があれば再犯をしない」という信念を貫き通し積極的に元受刑者を会社に受け入れるようになりました。
スポンサードリンク

小澤輝真が病気(難病)!?余命3年と告げられた病名や症状は?

小澤輝真さんが7年前の2012年に余命宣告10年を受けてしまった病気の病名は何なのかを調べて見ました。

 

調べて見たところ、小澤輝真さんが余命宣告をされた病気は、かつて父親も苦しまれた難病「脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)」という病気でした。

 

「脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)」とはどんな病気なのか詳しく調べてみました。

脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)とは?

脊髄小脳変性症とは、従来の運動失調の原因(脳梗塞 、悪性腫瘍、アルコールや睡眠薬、化学薬品などの中毒)と言われているはっきりとした原因がないまま、小脳とその周辺の神経細胞が変性し運動失調になってしまう病気なんです。

「変性」とは?

「変性」とは、神経細胞が変化して機能不全におちいり、萎縮して、最終的には死滅してしまう現象です(神経変性)。変性した神経細胞では、その内部に異常な物質が蓄積したり、正常な物質が過剰に蓄積したりしていることが分かっています。

 

脊髄小脳変性症の分類

脊髄小脳変性症は主に「遺伝性」という遺伝から受け継がれる分類と「非遺伝性(孤発性)」という遺伝子とは関係なく散発的に発生する分類の2種類に分類されます。

 

さらに非遺伝性には、「皮質性小脳萎縮症」「多系統萎縮症」という分類に分けられます。

 

脊髄小脳変性症の分類

2020年現在、全国で約3万人ほどの脊髄小脳変性症にかかっている患者がいるとされており、その3分の1が遺伝性であると言われています。

スポンサーリンク
おすすめの記事