イギリスの世界足指相撲大会とは?開催場所やルールは?過去の優勝者は?【イッテQ】
スポンサーリンク

2020年5月17日(日)の19時58分~20時54分から日テレで放送される『世界の果てまでイッテQ!』では、芸人・いとうあさこさんは足指相撲大会で16連勝を誇るという元世界王者のアラン・ナッシュさんと足指相撲をします。

 

足指相撲大会は、イギリスでは毎年行われている名物イベントだそうで、簡単そうですが、足にかなり激痛が走るらしく、足にかなりのパワーがないとなかなか勝てないのだとか。

 

今回は、イギリスで行われる世界足指相撲大会の開催場所やルール、過去の優勝者などについて調べました。

スポンサーリンク

イギリスの世界足指相撲大会とは?

イギリスの世界足指相撲大会は、1976年から毎年のように英中部ダービーシャー州で行われ、今年で44回目の大会を迎えます。

勝敗は腕相撲と同じように、決められた領域で相手の足を倒した方が勝利となります。

 

世界足指相撲大会が始まったきっかけは、イベントを主催しているジョージ・バージェス氏が下記のようなきっかけがあると話していました。

 

1976年に元々はパブのオーナーであるがジョージ・バージェス氏は、元々パブをやろうとして購入した建物が300年前からスタッフォードシアの宿泊施設でとして使われていたそうなんです。

 

そこでスタッフォードシアの宿泊施設の常連たちが足指相撲を初めてそれが流行ったことで、世界足指相撲大会が開催されるようになったそうです。

 

なおジョージ・バージェス氏は「他のスポーツでは完敗しても足指相撲では英国人がいつも勝つ」と話しています。

 

試合は男女別で開催され、出場者は試合前に足専門の医師が衛生状態のチェックをして、対戦相手に水虫などの病気が移らないように徹底しています。

スポンサードリンク

イギリスの世界足指相撲大会のルールは?

イギリスで世界大会まで開催される足指相撲の詳しいルールについて調べました。

①2人で腰を下ろして向かい合い、裸足にした同じ方の足を出す

②互いにその足の親指を絡めあい、かかとを床につけ、足を立てる

③かかとを床につけたまま腕相撲のように互いに内側に相手の足を押し合う。相手の足を倒し、3秒間押さえ込んだ方が勝ち

④互いの足のすぐ外側に倒れやすい物を置いてそれが倒れたかどうかで勝敗を決める方法もある

以上がルールとなります。

 

実際にイギリスの世界足指相撲大会では④のルールを採用されており、下記の画像のような板を置いて勝敗を決めています。

また、男女別にはなっていますが年齢は別れていないので、子供から大人まで幅広い世代の人たちが参加します。

大人にとってはかなり有利ですが、子供やお年寄りはかなり不利ですよね。

スポンサーリンク

イギリスの世界足指相撲大会の開催場所は?

世界足指相撲大会はイギリスのどこで開催されるのでしょうか?

 

調べてみると、世界足指相撲大会が開催される場所は、英中部ダービーシャー州のフェニー・ベントレーという村にある「アッシュボーン」というところです。

「アッシュボーン」はフェニー・ベントレーにある市場町で、2011年の国勢調査で8377の人口数と言われています。

 

アッシュボーンには多くの歴史的建造物や独立経営のショップがあり、海外から来る観光客も多いのだそうです。

 

ピークディストリクトの南端近くにあるので、ドーブデールに最も近い町になり、地元の人には「ゲートウェイ」と呼ばれているそうです。

 

また世界足指相撲大会の他にも、毎年行われる歴史的なざんげ節サッカーの試合や、Royal Shrovetideフットボールマッチなども行われたりしていることで有名な街です。

スポンサードリンク

イギリスの世界足指相撲大会の過去の優勝者は?

1976年か毎年開催されている世界足指相撲大会の過去の優勝者についてわかる範囲で調べてみました。

 

調べてみると、英国民アラン・ナッシュ選手がイギリスの世界足指相撲大会に通算で16回ほど優勝している世界王者がいることがわかりました。

アラン・ナッシュ選手は2004年の大会で優勝をしてから、なんと16年間以上も大会連勝記録を持っている、足指相撲回の王者なのです。

 

女性の優勝者は、

2015年:トレーシー・ティッピー・トー
2017年:レベッカ・ビーチ

が優勝をしています。

 

通算16回も連勝記録を更新してるってラン・ナッシュ選手はかなり強者ですね。

 

スポンサードリンク

イギリスの世界足指相撲大会とは?開催場所やルールは?過去の優勝者は?【イッテQ】 まとめ

いかがでしたか?

今回はイギリスで行われる世界足指相撲大会の開催場所やルール、過去の優勝者などについて調べました。

 

今回調べた内容をまとめると、

まとめ
・スタッフォードシアの宿泊施設の常連が始めたのがきっかけ
・ルールは相手の足を倒した方が勝利

・開催場所はフェニー・ベントレーの「アッシュボーン」というところ
・英国民アラン・ナッシュ選手は16連勝中

上記のことがわかりました。

 

今回調べて思ったことは、まさか足指相撲に大会があることに衝撃でしたね。

しかも本当の相撲のようにルールまで決まっていて徹底していたところにも驚きです。

 

また、アラン・ナッシュ選手が大会を16連勝もしちゃうってなかなかすごいですね。

彼とトーナメントに当たった人はなかなか厳しい戦いをしたのではないでしょうか。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事