老化が早まる原因はテロメア短縮に問題あり!?症状などは?
スポンサーリンク

生物は生きている上で逃げられないと言われてるのが老化。

 

細胞の老化が進むと肌のシワが増えるだけではなく、体の機能も衰えていきます。

肝臓や腎臓などの体の臓器が老化し異常を起こしやすくなったり、ケガなど病気にかかったら治りにくくなったり、免疫が低下して病気やガンにかかりやすくなったりするのです。

 

いずれは死ぬとわかっていてもなるべく老化が進むのは防ぎたいですよね。

 

その細胞の老化が早まる原因が「テロメア」という呼ばれる構造が短縮されると老化が早まると言われているのです。

 

今回は細胞の老化や老化の原因について詳しい内容について調べてみました。

スポンサーリンク

細胞の老化とは?

人間の体に60兆個数あると言われている細胞ですが、細胞は分裂して2つの細胞となることで人体を形成しています。

病気やケガをするとその部分の細胞は失われたり、死んでしまったりします。

病気やケガを修復するために細胞分裂を動物はしていきます。

 

しかし、動物の体を構成していると言われている細胞は、一つの細胞につき限られた回数しか増殖・分裂することができないと言われているのです。

 

細胞に限界が来て分裂できなくなったこと法則を「ヘイフリックの限界」といい、名前は発見したとされるアメリカの科学者の名前にちなんでとつけたとされます。

 

例えば、ヒトの胎児の細胞が分裂できる限界は50回とされています。

このように限界まで分裂した細胞を「老化細胞」と呼び、老化細胞になってしまうと2度と細胞に増殖する能力は戻りません。

 

老化細胞が増えてしまうことで病気になった時に細胞が死んでしまい、細胞分裂が出来ないので人体が回復しにくくなってしまうのです。

 

ある細胞の分裂回数と、培養時間との関係をグラフにしてみました。

グラフをみていただければわかりますが、若い細胞なら培養時間とともに分裂が増加していきますが、老化した細胞は培養時間が増えても増殖しないのです。

正常な若い細胞の場合はある一定の細胞分解をすることによって、分裂のスピードが緩やかになっていきます。

 

しかし老化した細胞は分裂回数が増えなくなってしまっているのです。

これが細胞の老化ということになります。

老化が早まる原因はテロメアが短縮に問題あり?!症状などは?

細胞が「ヘイフリックの限界」を迎えた時から老化がだんだんと進んでいきます。

細胞の「ヘイフリックの限界」を決めると言われているのが、細胞の中にある「テロメア」と呼ばれる構造のことです。

 

「テロメア」は、染色体の末端を保護する役割を持つ構造のことで、細胞分裂を起こすたびにテロメアの長さは短くなっていきます。

テロメアはある程度短くなるまで細胞分裂をされてしまうと、細胞の老化が始まるのです。

テロメアが短くなると、細胞が分裂しにくくなって組織の再生が難しくなるので、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、がんなどの病気になりやすくなります。

また、外からのウィルスや病原菌に対抗する白血球の働きも悪くなってしまうのです。

スポンサーリンク

テロメアを伸ばすには?

テロメアを伸ばして老化を遅めるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

人間の細胞には「テロメラーゼ」という酵素があり、細胞分裂を繰り返すたびに短くなったテロメアを伸ばすことができるのです。

 

テロメラーゼ酵素の働きが活性化すれば、細胞のテロメアは短くなりにくいので結果的に「見た目」も若くなるのです。

 

そのテロメラーゼの働きを高める方法については別の記事に記載してあるのでそちらをお読みください。

老化が早まる原因はテロメアが短縮されていることにあった?!まとめ

いかがでしたか?

今回は老化が早まる原因についてご紹介しました。

 

今回のご紹介した内容をまとめると、

まとめ
・50回ほど分裂した細胞は「老化細胞」となる
・病気やケガをすると修復しようと細胞分裂を起こす

・老化細胞が増えることで老化が進む
・老化が早まる原因はテロメアが短縮されていること
・テロメアを伸ばすためにテロメラーゼ酵素を活性化させることが必須
上記のことがわかりました。
染色体に含まれる「テロメア」を伸ばすことで、肌などの外見の老化を防ぐだけではなく、病気やケガなどに対しても免疫力をつけたり回復力を早めたりと、「テロメア」を伸ばすことがいつまでも若く健康にいるための秘訣です。
この記事を見て「老化したくない」、「病気やケガに対しての免疫力をつけたい」と思いましたら、テロメアを伸ばすためにテロメラーゼ酵素の動きを活性化させましょう。
今回は最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーリンク
おすすめの記事