野澤翼(マツコ会議)の年収や経歴がヤバイい!?高校や中学は熊本のどこ?
スポンサーリンク

2020年8月1日 (土)の23時00分~23時30分に日テレで放送される『マツコ会議』では、ネットで今話題になっている中高生起業家たちが出演します。

 

その中でも注目になっているのが、現役高校生プログラマーの企業家・野澤翼くんです。

 

野澤翼くんは今話題になっている中高生起業家の中でもトップレベルに稼いでいるそうなんです。

 

そんな高校生起業家・野澤翼くんの年収や経歴、高校などの学歴について調べてみました。

スポンサーリンク

野澤翼(マツコ会議)の経歴やwiki風プロフィール

野澤翼 マツコ会議 年収 経歴 高校 中学 熊本

プロフィール
名前  :野澤 翼(のざわ つばさ)
生年月日:2005年〜2006年
年齢  :15歳(2020年8月現在)
出身地 :熊本県
現住所 :東京都千代田区
職業  :起業家

野澤翼くんは、2020年8月1日 (土)の『マツコ会議』に出演することで話題になっている15歳の高校生起業家です。

 

野澤翼くんは15歳という若さで、様々な事業展開をしており、現在では、

・教育スタートアップ(立ち上げ中)
・肥後未来スクール
・教育、子育てコンサルタント
・業務改善コンサルタント
・プログラマー(いろいろします)
・音楽家

などの事業を高校1年生でこなしています。

 

そんな野澤翼くんは2020年2月2日には愛知県で講演会を開くなど、今最も話題に持っている若手起業家なのです。

さらに2020年6月から『株式会社あつまる』という会社に入社しています。

株式会社あつまるは、「最小のコストで、最大の成果をもたらす」という目標をもとに、顧客の集客サポートをするマーケティング会社です。

 

プログラムの知識やマーケティングの知識がある野澤翼さんだからそこ、株式会社あつまるでも採用されたのだと思われます。

 

中学生が会社を起業してるってすごい時代になりましたよね。

スポンサードリンク

野澤翼(マツコ会議)の経歴は?

15歳の高校生起業家・野澤翼くんですが、実は起業したのは中学生の頃からなんだそうです。

 

中学生で起業ってなかなかすごいですね。

そんな野澤翼くんの経歴について調べてみました。

スポンサードリンク

不登校から起業した!?

なんと野澤翼君は中学生の頃は不登校だったそうなんです。

 

不登校になったのも、プログラマーとして起業するために途中で中学校に行くのをやめているそうなのです。

 

元々学ぶことが好きだった野澤翼くんは、小学校3年生の時にプログラミングに興味を持ったことがきっかけで、プログラミングを始めたそうなんです。

 

野澤翼くんは参考書やインターネットを使って独学でプログラミングを学んでいるうちに、技術が上がったそうなんです。

 

中学生の頃からは学んだ知識を活かしてフリーランスのプログラマーとして活動をしていました。

 

実力を認められた野澤翼くんは、知り合いの紹介などで大人からも仕事をもらうようになり忙しくなったことで、学校に通わなくなったそうなんです。

 

不登校になった野澤翼くんはプログラミングスクールを開講・起業させました、中高生起業家として地位を上り詰めていったのです。

スポンサードリンク

なぜ不登校になったのか?

そんな野澤翼くんがなぜ不登校になったのかというと、理由としては2つあります。

 

1つ目は、上記でも書いてある通り、実際にプログラマーとしての仕事が忙しくなり、学校に行く暇がなくなってしまったことですね。

 

中学生ながら大人と一緒に現役でプログラマーとして活躍していたら、学校行っている時間がどうしても仕事できない訳なので、時間的にも厳しくなってしまいますよね。

 

プログラミングの時間に使うために、学校を不登校になったのです。

 

そして2つ目が、学校の教師と衝突したことです。

 

もともと学ぶことが好きで学校が好きだったという野澤翼くんですが、一方的な教育方針や、校則の意味をわかっていないのに指導する教員の考えが、野澤翼くんには合わなかったようなんです。

 

学校に対して不満を持ち始めた頃、仕事も忙しくなってきたこともあり、プログラマーとして生きる選択をし、そのタイミングで不登校になることを決意しました。

 

しかし、不登校になった当初は、野澤翼君のご両親は不登校になってプログラマーになることを猛反対。

人生で一度しかない貴重な青春時代を学校の友達と過ごしてほしいと反対していたようです。

 

それでも野澤翼君は折れず、ご両親を説得してた結果、ご両親は背中を押すことにしたそうです。

 

今では企業してかなりの金額を稼いでいるので、ご両親も今ではよかったと思っているそうです。

野澤翼(マツコ会議)の高校や中学は熊本のどこ?

野澤翼くんが通っている高校や中学について調べてみました。

 

調べたところ、どうやら野澤翼くんは中卒で高校には進学していないことがわかりました。

中学校から起業して成功していたら、無理に高校に進学する意味もないですもんね。

 

中学校はどこの中学校に通っていたのかを調べてみましたが、情報はやはり公開されていませんでした。

 

しかし、ツイッターを見ていると、下記のようなツイートがあります。

このことから、熊本県の中学校に通っていた可能性がありますね。

 

そんな野澤翼くんは6月20日から、本格的に仕事を始めるために熊本から都内に上京して、現在は東京都千代田区で1人暮らしをしています。

都内での一人暮らしには慣れてきたようで、やはりビジネスマンということもあり、仕事の付き合いで外食に行くことが多いみたいですね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

野澤翼(マツコ会議)の年収がエグい!?

そんな野澤翼君の年収は一体いくらくらいなのでしょうか?

 

実際に調べてみたのですが、野澤翼君の年収については正確な情報が公開されていませんでした。

 

しかし、プログラミングを初め事業も7事業ほど展開しており、毎日多忙な様子なのでざっくりとはしていますが、最低でも月収で500万から1000万円ほどは稼いでいるのではないでしょうか?

 

そう考えると野澤翼くんの年収は6000万円から1億以上はあると思われます。

かなりやばいですね…。

 

最近ですと、野澤翼くんと同級生のキメラゴンくんなども高校1年生で月商1170万円を稼ぐなど、今は高校生でも年収で億稼ぐのも夢じゃない時代になっているということですよね。

 

これもSNSなどネットの技術がどんどん進化したおかげで、中高生などもネットで稼ぎやすい環境になったということが見受けられますね。

 

いや〜、本当にすごい時代になったもんですね!

スポンサードリンク

野澤翼(マツコ会議)の年収や経歴がヤバイい!?高校や中学は熊本のどこ? まとめ

いかがでしたか?

今回は、高校生起業家・野澤翼くんの年収や経歴、高校などの学歴について調べてみました。

 

野澤翼君の殊について調べたことをまとめてみました。

まとめ
・プログラミングスクールを初め、6事業も展開している起業家
・経歴は中学校から企業し、中卒である
・中学校は熊本県内の学校
・2020年6月20日から都京都千代田区に住んでいる
・年収は最低でも6000万円から1億円ほど
野澤翼くん意外にも、今では中高生で起業している人が多く、中高生が月に100万以上を稼いでしまう時代になっています。
若い世代には負けてられないですよね!
これからも野澤翼くんを含め、中高生起業家のみなさんにはぜひとも精進して欲しいなと思います。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
記事下レコメンドPC
スポンサーリンク
おすすめの記事