カンニング竹山が病気(強皮症)にかかっていた!?原因や治療法は!?【ザ!世界仰天ニュース】

2020年2月4日(火)21時00分~22時54分から日本テレビで放送される『ザ!世界仰天ニュース芸能人苦労話2時間SP』では、芸能人が実際にかかった病気についての壮絶なエピソードが語れられます。

有名な芸能人であるカンニング竹山さんも若い頃に病気難病にかかっていたらしいです。

 

・カンニング竹山さんがかかった病気とは?
・症状は?
・原因や治療法はあるのか?

 

今回はカンニング竹山の病気(難病)についてわかる範囲で調べました。

カンニング竹山さんはどんな病気(難病)にかかったのでしょうか?

スポンサーリンク

カンニング竹山が病気(強皮症)にかかっていた!?症状は?

カンニング竹山さんと言えば、誰彼かまわず時に自虐的にキレまくるネタが頭に浮かぶ人も多いですよね?

カンニング竹山さんも若い頃に難病にかかっていたということで、ザ!世界仰天ニュースではカンニング竹山さんご本人がVTRに出演して再現します。

まさか病気(難病)にかかっていたということを知らなかったのでなかったのでびっくりですね。

 

カンニング竹山さんがかかっていた病気は難病指定もされている「強皮症」だと言うことです。

強皮症とは?症状は?

強皮症とは、突然皮膚が突然硬くなること(皮膚硬化)を主な症状とする難病のひとつに指定されている病気です。

 

強皮症には、限局性強皮症と全身性強皮症の2つの種類があります。

 

限局性強皮症は皮膚硬化をするだけの症状ですが、全身性強皮症は全身の皮膚が硬くなる症状以外にも、内臓などの臓器にも病変を発症したり、末梢循環障害といわれる手足の血行障害も引き起こす危険な病気なのです。

初発症状の多くは寒冷刺激や精神的な緊張がきっかけで指先が白くなり、紫、赤と指の色が変化する現象が起きるそうです。

 

他にも関節痛、皮膚のつっぱり感やむくみ感で始まる場合もあります。

皮膚硬化は浮腫状にはれあがって「ソーセージ状の指」となり、最終的にはカチカチに硬い皮膚になって関節を曲げるのも難しくなっていきます。

 

幸いカンニング竹山さんは限局性強皮症だったため、そこまで心配はなかったみたいです。

ですが限局性強皮症では下記の右の画像のように皮膚が硬くなってしまう症状です。

突然皮膚が硬くなって画像のようになってしまったらめちゃくちゃ怖いですよね…。

 

カンニング竹山病気(強皮症)の原因は?

カンニング竹山さんがかかった病気「強皮症」の原因について調べてみました。

 

強皮症の原因についてはとても複雑であり現在もはっきりとはわかっていませんが、いくつかの要因があるみたいです。

 

強皮症は遺伝はしませんが、強皮症にかかりやすいとされる疾患感受性遺伝子は存在するそうです。

疾患感受性遺伝子に加えて、生まれてからの環境なども強皮症の発症に関係してくると考えられています。

 

また海外ではトリプトファンを含んでいる製品が強皮症の症状を起こす原因とも言われてるとも言われています。

 

スポンサーリンク

カンニング竹山病気(強皮症)の治療法は!?

カンニング竹山さんがかかった病気・強皮症の治療法について調べてみました。

 

強皮症の治療法は現在のところは完全によくする薬剤はないらしいそうです。

ひどい時は手術をすることもあるのだそうです。

 

しかし症状を軽減してくれる薬はあるらしく、代表的な対症療法薬をあげておきます。

 

①ステロイド少量内服(皮膚硬化に対して)
②シクロホスファミド(肺線維症に対して)
③プロトンポンプ阻害剤(逆流性食道炎に対して)
④プロスタサイクリン(血管病変に対して)
⑤ACE阻害剤(強皮症腎クリーゼに対して)

 

上記の対症療法薬を服用すると症状が早く軽減し、早く治りやすいそうです。

また症状によってですが、強皮症は特別な治療をしなくても自然に消え、外見も普通に戻るそうです。

だからといって放っておいたままだと症状が悪化してからだと遅いので、症状が少しでも出てきたと思ったらすぐに病院に行って診断を受けましょう。

 

ちなみにカンニング竹山さんは現在は完治しているようで元気になってよかったです!

 

カンニング竹山が病気(強皮症)にかかっていた!?【ザ!世界仰天ニュース】まとめ

いかがでしたか?

カンニング竹山さんの病気(難病)について調べました。

 

今回調べた内容をまとめると、

まとめ
・カンニング竹山さんは限局性強皮症にかかっていた
・強皮症の原因については今はわかっていない
・強皮症の治療法はステロイドなどの対症療法薬を飲む
・カンニング竹山さんは現在は完治している

上記のことがわかりました。

 

原因がわからなくて突然皮膚が硬くなったりするわけですから油断は出来ないですよね。

 

しかしカンニング竹山さんが完治指定てよかったですね!

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事