橋本隆志(米屋)のwiki経歴や年収は?嫁(妻)や子供(娘)について調査!【カンブリア宮殿】
スポンサーリンク

2020年2月27日(木)の 22時00分~22時54分にフジテレビで放送される『カンブリア宮殿』に、ミシュラン三ツ星店などに卸している京都のお米屋さん『八代目儀兵衛』の代表・橋本隆志さんが出演します。

 

・橋本隆志さんの経歴や年収は?
・嫁(妻)や子供などの家族は?

 

今回は橋本隆志さんのことについてわかる範囲でご紹介します。

 

スポンサーリンク

橋本隆志(米屋)のwiki風プロフィール

橋本隆志 経歴 年収

プロフィール
名前 :橋本隆志(はしもと たかし)
誕生日:1972年11月
年齢 :47歳
出身地:京都府京都市
高校 :東山高校
大学 :同志社大学商学部
職業 :八代目儀兵衛 代表取締役社長
資格 :五ツ星お米マイスター
    きょうと食いく先生認定
    米育事業「my taste」講師

橋本隆志さんは1972年11月に京都府京都市で生まれた現在47歳です。

高校は東山高校、大学は同志社大学商学部を卒業。

現在はミシュラン三ツ星店などに卸している京都のお米屋さん『八代目儀兵衛』の代表を務めています。

 

八代目儀兵衛とは?

橋本隆志 八代目儀兵衛

『八代目儀兵衛』とは、2006年から創業された米問屋です。

八代目儀兵衛の米は、全国各地200種類以上のお米の食べ比べして、お米の目利きの腕を磨いてきた橋本隆志さんが見極めたお米をネットでお米の販売をしています。

また、橋本隆志さんの実の弟・橋本晃治さんで、老舗米屋の京都祇園・東京銀座で展開する米料亭も展開をしています。

 

橋本隆志さんはオリジナル土鍋炊飯釜「Bamboo!!(バンブー)」を作ることで、炊き上げた銀シャリご飯を食べられる場所を作りました。

兄・橋本隆志さん米の仕入れをし、弟・橋本晃治さんさんが水・火加減・時間の加減で究極の銀シャリも炊き上げます。

今ではわざわざ『八代目儀兵衛』の米を食べたいがために遠征してくる人もおり、行列の絶えない人気店としてテレビ・メディアで話題沸騰となっています。

スポンサードリンク

橋本隆志(米屋)の経歴は?

橋本隆志さんはどのような経歴をお持ちなのでしょうか?

 

橋本隆志さんは同志社大学商学部を卒業後は、大手の通販会社ニッセンに就職しますが、2年後には退職をします。

その後は米問屋で1年間修行をしたのち、1998年に『八代目儀兵衛』の前身の米屋『橋本儀兵衛』に入ります。

橋本隆志さんは2006年に『八代目儀兵衛』を設立し、代表取締役社長として就任します。

 

橋本隆志さんが社長に就任してからは、先代から受け継がれたお米を選びぬく才能を活かして、年間1000回以上もお米を厳選しています。

また、今までのお米を売る米屋さんから、現在のニーズに合わせてお米をプロデュースする米屋さんへと変わります。

 

八代目儀兵衛の取り組みとして、米ギフトのネット販売や米料亭八代目儀兵衛の運営、土鍋炊飯釜「Bamboo!!(バンブー)」の販売、お米のコンテスト「お米番付」、経営者向けのセミナーや食育セミナーなどの事業を手がけています。

 

2009年には京都祇園 京の米料亭オープンし、2013年に東京銀座 銀座米料亭オープンしています。

 

八代目儀兵衛のご飯がとても美味しいと言うことで口コミを呼び、今では行列の絶えない人気店としてテレビ・メディアで話題沸騰となっています。

 

スポンサーリンク

橋本隆志(米屋)の年収は?

橋本隆志の年収はいくらぐらいもらっているのでしょうか?

 

橋本隆志の年収について調べていたのですが、詳細はやはり出てきませんでした。

 

しかし、八代目儀兵衛の売上などは調べたら出てきたので売上を元に予想していきます。

 

株式会社 八代目儀兵衛の売上(令和元年7月期)は、売上高15億8千万円、従業員数が120名です。

 

中小企業の社長の報酬の相場が1,500万円~2,000万円と言われていますが、料亭も人気店としてテレビ・メディアで話題沸騰なり行列ができている他、料亭以外にもネット販売が売上の9割を占めていることや講演会などの事業展開もしていると考えると、もう少し上の年収3,000万円〜4,000万円以上はもらっているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

橋本隆志(米屋)の嫁(妻)や子供(娘)などの家族は?

橋本隆志さんの嫁(妻)や子供などの家族について調べてみました。

 

橋本隆志さんのFacebookの投稿を見ると、嫁(妻)さんと娘さんが2人の家族で映ってる写真があり、2019年11月4日で結婚10周年だったようです。

橋本隆志 嫁(妻) 子供

なお嫁(妻)さんや娘さん2人の名前などの情報は公開されていませんでしたが、橋本隆志さんが仕事に専念できる環境を作ってくれてる嫁(妻)さんは素晴らしいですね!

 

そして家族でいうと、実の弟である橋本晃治さんは京都の有名料亭で2弱の修行を得て、2009年10月の京都祇園 京の米料亭オープンと共に総料理長に就任しています。

橋本晃治

兄弟でこのようにお互いを支えあいながら仕事できる環境って素晴らしいですね!

スポンサードリンク

橋本隆志(米屋)のwiki経歴や年収は?嫁(妻)や子供について調査!【カンブリア宮殿】 まとめ

いかがでしたか?

 

橋本隆志さんのことについてわかる範囲で調べたことをご紹介しました。

 

今回調べた内容をまとめると、

まとめ
・橋本隆志さんは同志社大学商学部を卒業後、大手の通販会社ニッセンに2年間勤めていた
・米問屋で1年間修行し、1998年に米屋『橋本儀兵衛』に勤務
・2006年に『八代目儀兵衛』を設立し、代表取締役社長として就任
・代表に就任後はネット販売や料亭、講演会などの事業展開をする
・2009年10月の京都祇園 京の米料亭オープンと共に弟・橋本晃治さんが総料理長に就任
・年収3,000万円〜4,000万円以上はもらっていると予想
・すでに結婚をしており、嫁(妻)さんと娘さんが2人の家族を養っている

上記のことがわかりました。

 

橋本隆志さんは美味しいお米を提供するために日々奮闘をしており、日本人に愛されるお米つくりを目指しています。

 

今後の橋本隆志さんの活躍に期待しています!

スポンサーリンク
おすすめの記事