餅田コシヒカリの父親はトランペット奏者!?ピアノの弾き語りがヤバい!?【駆け抜けて軽トラ】
スポンサーリンク

2020年3月20日(金)の24時20分~24時50分に放送される『有吉ジャポン』に、GQJAPAN鈴木編集長による辛口ジャッジのネタバトル「鈴木1グランプリ」が行われます。

その鈴木1グランプリに今人気急上昇中のお笑いコンビ・駆け抜けて軽トラも出演します。

 

おもしろ荘で駆け抜けて軽トラが話題になってから、ボケ役でもある餅田コシヒカリさんがどんどんテレビに出演してきましたね!

 

餅田コシヒカリさんのことについて調べていたら、餅田コシヒカリさんの父親が実はトランペット奏者で、餅田コシヒカリさんもピアノの腕前や弾き語りりがすごいんだそうです!

 

今回は餅田コシヒカリさんの父親やピアノの弾き語りについて調べてみました。

スポンサーリンク

餅田コシヒカリの経歴・プロフィール

餅田コシヒカリ 経歴

プロフィール
名前   :餅田コシヒカリ(もちだこしひかり)
本名   :持田ひかり
誕生日  :1994年4月18日
出身地  :宮城県仙台市
血液型  :A型
身長   :149cm
体重   :90kg
職業   :お笑い芸人、女優、タレント
所属事務所:松竹芸能

関連記事駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリの経歴・プロフィールを調査してみた!

餅田コシヒカリの父親はトランペット奏者!?

餅田コシヒカリさんは2019年7月22日(月)に放送された「痛快!明石家電視台」の「実際どうなん!?まだまだ売れていない女芸人と親」という企画で両親と一緒にご出演しています。

そこに出演していた餅田コシヒカリの父親である持田眞さんはなんと「仙台フィルハーモニー管弦楽団」のトランペット奏者なんだそうです!

プロフィール
名前  :持田眞(もちだ まこと)
生年月日:1959年
年齢  :60歳
出身地 :埼玉県さいたま市(旧大宮市)
学齢  :東京音楽大学

仙台フィルハーモニー管弦楽団には1982年に入団してなんともうすぐで40年ほどになります!

すごいですね!!

サイトに載っている持田眞さんの写真は2008年のものなのでかなり若いです!

 

そんな持田眞さん小学生の時から音楽は好きだったというのですが、ニニ・ロッソに憧れて中学生の時にブラスバンド部に所属し、そこからトランペットを始めることになります。

しかし持田眞さんは途中で転部したこともあり、トランペットは最初から吹けた訳ではなく入部した時は打楽器をやっていたそうなんです。

 

高校は東京音楽大学附属高校に通うことになり、そのまま東京音楽大学と進みました。

当時は持田眞さんが大宮だったらしく東京まで電車で通学していたそうなんです。

ラッシュ時間に電車に乗っていると持ってる楽器の生で人にぶつかるのを避けるために、家を朝の6時に出て帰りは夜の9時半という生活を繰り返していました。

 

その頃から持田眞さんの中でオーケストラの中に座ってトランペットを吹くのが夢になっていたそうです。

 

そんな持田眞さんは実技優秀賞を得て東京音楽大学を卒業し、1982年2月仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団しました。

入るきっかけはエキストラとして当時の仙台フィルハーモニー管弦楽団に呼んでもらったのがきっかけで、持田眞さんの入団前はまだトランペット奏者がいなかったそうなんです。

 

入団した当初は持田眞さんが一番若く、うるさいと言われながらも学校まわりをしたりしていたそうなんです。

 

しかし持田眞さんは30歳を過ぎたころから自分のコンディショントラブルが解決できなくなってしました。

そんな自分を変えようと行動に出たのが、メトロポリタン歌劇場で吹いているマーク・グールド先生の夏のセミナーに参加したことです。

 

その結果、5、6年続いたコンディショントラブルが解決できるようになり、ずいぶん気持ちが楽になったそうなんです。

それからというもの持田眞さんはなんと先生の横でアシスタントを務めさせてもらえるようになりました。

 

インタビューを受けた際に、これからもワクワクドキドキした最初の舞台の気持ちを忘れず、チームワークを深めてやっていきたいと語る持田眞さん。

これからも元気にトランペットを吹き続けて欲しいですね!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

餅田コシヒカリのピアノの弾き語りがヤバい!?

父親である持田眞さんが仙台フィルハーモニー管弦楽団の奏者だったように、餅田コシヒカリさんもピアノがめちゃくちゃ上手いんです!

その腕前はピアノ対決でも有名なTEPPENピアノ対決に出場するほどの腕前。

 

さらに6年間声楽を学んだ餅田コシヒカリさんは、合唱全国コンクールでも2位を叩きだずほどの実力です。

 

そんな歌声もピアノの腕前もすごいと言われている餅田コシヒカリさんが、AbemaTVで放送されてる「日村がゆく」に出演し、ピアノとお腹で「恋人たちのクリスマス」を演奏するというかなりの技術を見せています。

そしてお腹に鈴を入れてるから、そっちに気を取られてしまい笑ってしまいます。笑

それにしてもピアノ上手ですね笑

 

画像を見てもわかる通り、ものすごい体型をしている餅田コシヒカリさんですが、実は昔は痩せていてギャルだったんだそうです!

気になる方は別の記事があるのでそちらも読んで見てください。

関連記事駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリの20kg痩せた時の水着や昔の画像がかわいい!?

スポンサードリンク
 

餅田コシヒカリの父親はトランペット奏者!?ピアノの弾き語りがヤバい!? まとめ

いかがでしたか?

 

今回は餅田コシヒカリの父親やピアノの弾き語りについて調べました。

 

今回調べた内容をまとめると、

まとめ
・餅田コシヒカリの父親は仙台フィルハーモニー管弦楽団のトランペット奏者である
・仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団して40年近くになる
・餅田コシヒカリはTEPPENピアノ対決に出場するほどの腕前
・ピアノとお腹で「恋人たちのクリスマス」を演奏できる
上記の内容がわかりました。
おもしろ荘に出演してから話題になりテレビ出演がどんどん増えてきた餅田コシヒカリさんですが、今後さらに活躍が増えると思うので、期待しています!
今回も最後までご視聴いただきありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事