志村けんのコントやギャグ量産秘話がすごすぎる!?ネタが生まれたエピソードとは?
スポンサーリンク

2020年3月29日23時過ぎに「ドリフターズ」のメンバーでタレントである志村けんさんが新型コロナウィルスに感染し死亡したことで話題になりました。

 

そこで話題になったのが、志村けんさんは今の日本国民みんなが知っている数々のギャグやネタを量産しているということです。

志村けんさんといえばアイーンや変なおじさんなどのギャグや、「最初はグー」のルールを作ったのも志村けんさんですよね。

 

そんな志村けんさんが生み出したギャグの裏側には秘話があるそうなんです。

 

今回は志村けんさんのギャグ・ネタ一覧や量産秘話についてご紹介します。

志村けん 関連記事

関連記事志村けんと交際していたとされる歴代の元カノ一覧!

関連記事志村けんの元カノ・大滝裕子の旦那(夫)や現在は?葉加瀬太郎と不倫関係を週刊誌に取り上げられていた!?

関連記事志村園長が愛した、志村どうぶつ園のチンパンジー・パンくんはいま何してる?

関連記事志村けんの年収や総資産がヤバい!?遺産はいくらで誰が相続するの?

スポンサーリンク

志村けんのコント・ギャグ・ネタ一覧

志村けんさんがこれまでに生み出してきたギャグやネタをご紹介します。

アイーン

やはり志村けんさんの代表的なギャグといえば、「アイーン」ですよね!

アイーンは「アイーン体操」、アイドルや芸能人とコラボしている時などに決めポーズとしても使われています。

バカ殿さま

「バカ殿さま」といえば、最近話題になっている女優やタレントに対して、下ネタを話たりセクハラをするというギャグに全国民が笑ったと思います。

管理人も小さい時からバカ殿さまを見ており、バカ殿さまが放送されるのを毎回楽しみにしていました!

 

バカ殿さまの中でも印象的だったのが優香さんが演じるバカ姫こと「優香姫」ですよね!

一時期付き合っていると噂されていた2人ですが、管理人が小さい頃に見ていて一番印象に残っているのが優香姫とのやりとりですね!

 

優香姫が毎回出てくるたびにワクワクしていたのを今でも覚えています。

 

現在では優香さんは俳優の青木崇高さんと結婚をし、第1子を妊娠して産休に入るということもあり、バカ姫役はいま話題の女優・桜井日奈子さんが演じています。

スポンサードリンク

だいじょうぶだ

志村けんさんが“だいじょうぶだぁ教”という宗教のコント内で、3マタの太鼓を叩いて「だいじょうぶだぁぁぁ」とお経を唱えるギャグです。

変なおじさん

志村けんさんといえば、「変なおじさん」ですよね!

登場時に「なんだツムはってか?そうです、わたすが変なおじさんです」という流れがあり、管理人の小さい頃に変なおじさんが出てくると一緒にやっていたのを覚えています。

 

変なおじんさん面白かったですね!

だっふんだ

「変なおじさん」が登場したときに、最後にはお決まりの「だっふんだ」

噂では、会話の収集がつかなくなった時に「だっふんだ」といえば、オチになるという話も…笑

スポンサードリンク

ヒゲダンス

志村けんさんといえば、ドリフ時代に加藤茶さんと一緒にやっていた「ヒゲダンス」

ヒゲダンスのBGMは、テディ・ペンダーグラス「Do Me」のベースラインを一部だけ抜き取ってアレンジしたものなんだそうです。

ちなみにこのアイデアはソウル・ミュージック好きの志村けんさんのアイデアなんだそうです!

ひとみ婆さん

志村けんさんが得意とするボケ倒しキャラクターであるひとみ婆さん

ひとみ婆さんのキャラの濃さに思わず笑ってしまいますね!

カラスの勝手でしょ~

「カラスの勝手でしょ~」は、志村けんささんが「8時だョ!全員集合!」で、童謡「七つの子」の替え歌として披露したギャグです。

「カラス~なぜ鳴くの~」の次を「カラスの勝手でしょ~」と替えて歌っていたことで、当時の子供たちの間で流行りました。

 

ちなみに管理人が子供のころ、「カラス~なぜ鳴くの~ カラスの勝手でしょ~」というのが本当の歌詞だと勘違いしていました(笑)

それぐらいに本家よりも印象が強いですよね!

スポンサードリンク

志村けんのコントやギャグ量産秘話がすごすぎる!?ネタが生まれたエピソードとは?

志村けんが生み出したギャグの量産秘話が凄すぎるということで、ネタが生まれたエピソードについて調べてみました。

「最初はグー!」の秘話

今では日本人がじゃんけんをする時に当たり前のように「最初はグー!」と掛け声をしますよね。

その掛け声を広めたのも志村けんさんなんです。

 

もともとこの掛け声はお座敷遊びの時に使われていたそうですが、1980年代に放送された「8時だョ!全員集合!」のコント内に「最初はグー!」を使うようになってから一気に広まったそうなんです。

 

最初はグー!が出来たきっかけは、当時志村けんさんの飲み仲間と飲み代の支払いをじゃんけんで決めようとしたところ、みんな酔っ払っているためになかなかタイミングが合わなかったそうなんです。

 

そこで志村けんさんは「最初はグーで合わせよう」ということになり、これは面白い!ということでコントに取り入れたところ、子供たちの間で一気に広まったそうなんです。

 

ここで「最初はグーで合わせる」という即時に思い浮かんだ志村けんさんは、本当に頭の回転が早いですね!

「アイーン」の秘話

「アイーン」といえば、志村けんさんの代表的な一発芸として知られていますよね。

 

アイーンはポーズだけで、特に意味はありません。

最初は「怒っちゃヤーヨ!」というギャグが発祥の元で、手の角度が少し下がったのが「アイーン」なんだそうです。

 

アイーンの始まりは、志村けんさんがいかりや長介さんに怒られた時に、「怒っちゃヤーヨ」と言いながらポースをしたのがアイーンの始まりだったそうなんです。

 

当時、バッファロー五郎の木村さんがそのポーズに「アイーン」という言葉をつけてやったのが始まりで、そこからナインティナインの岡村さんにそのポーズが伝わりました。

 

「アイーン」を聞いた岡村さんは志村けんさんに直接「アイーン面白いですね!」となり、それから志村けんさんはポーズに「アイーン」という言葉をつけてやることになったそうなんです!

 

ということで、アイーンを生み出したのは、まさかの「バッファロー五郎」さんだったんですね!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

志村けんのコントやギャグ量産秘話がすごすぎる!?ネタが生まれたエピソードとは? まとめ

いかがでしたか?

 

今回は志村けんさんのギャグ・ネタ一覧や量産秘話についてご紹介しました。

 

今回調べた内容をまとめてみると、

まとめ
・志村けんは数々のギャグやネタを生み出してきた
・「最初はグー!」の発祥は飲み会の支払いからきた
・アイーンを生み出したのは「バッファロー五郎」だった
上記のことがわかりました。
志村けんさんのギャグやネタを調べていて思ったことは、今の子供も知っているような「最初はグー!」、ギャグやコントなどを生み出した志村けんさんは、本当にすごいんだなということがわかりましや。
歴史に残るようなギャグやネタを何個も生み出してきた志村けんさんは、ギャグの発明家と言わんばかりの日本を代表する天才的なコメディアンだと思います。
本当になくなってほしくない人が亡くなってしまって本当に残念です。
お亡くなりになってしまった志村けんさんのご冥福をお祈りします。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
志村けん 関連記事

関連記事志村けんと交際していたとされる歴代の元カノ一覧!

関連記事志村けんの元カノ・大滝裕子の旦那(夫)や現在は?葉加瀬太郎と不倫関係を週刊誌に取り上げられていた!?

関連記事志村園長が愛した、志村どうぶつ園のチンパンジー・パンくんはいま何してる?

関連記事志村けんの年収や総資産がヤバい!?遺産はいくらで誰が相続するの?

スポンサーリンク
おすすめの記事