コロナ目がかゆい(腫れる)と感染の恐れ!?症状とその予防方法は?
スポンサーリンク

現在国内では新型コロナウィルス感染者の数が増えてきており、コロナ対策などの正しい情報から誤った情報なども目にするようになってきました。

 

新型コロナウィルスの感染経路の一つとして、接触感染と言われる物によっての間接的な感染がきっかけで感染する人が多いです。

主には手や口・鼻を経路として感染し呼吸器症状の症状が出る一般的なのですが、上記の部位以外にも新型コロナウィルスは目からも症状が出ると言われているのです。

その症状として「目がかゆいとコロナの恐れがある」という噂がありますが、その噂は本当なのでしょうか?

 

実際に真相とその予防方法いついて調べたのでご紹介します。

スポンサーリンク

コロナ目がかゆい(腫れる)と感染の恐れ!?真相は?

新型コロナウイルスの感染経路として、飛沫感染(くしゃみ、咳、つば など)と接触感染などが主に考えられる原因以外にも、新型コロナウィルスは目からも感染するとも言われていますが

それは本当なのかを調べてみました。

 

実際に調べてみると、下記のような結果がわかりました。

 

実際には「コロナ目がかゆい(腫れる)と感染している=新型コロナウィルスに感染している」という訳ではなく、正確に言えば「コロナウィルスは目からも感染する恐れがある」ということです。

新型コロナウィルスの感染初期には結膜炎を起こし、その後に呼吸器症状が出てくることがあると言われています。

つまりは発熱や呼吸器症状がなかったとしても、結膜炎の症状(目やに、充血)が出ていると、結膜炎と思っていても実はコロナウィルスに感染している可能性があると言われているのです。

今の時期は花粉症のアレルギー性結膜炎の人が多く、アレルギー性結膜炎もウィルス生結膜炎も同じ充血・涙・目ヤニの症状があるので、実際に医師でも新型コロナウィルスと見抜くのは厳しいそうなんです。

 

現在このようなことから、眼科医もただの結膜炎と区別がつかないので警戒を強めています。

 

今の時期は花粉症アレルギーの人が多いため、ついつい手で目をこすりガチですよね?

そこからたまたまコロナウィルスが手に付着したまま目をかいてしまうことで、結膜にウィルスが侵入して、炎症を起こしたり、発熱や呼吸器症状が出てきます。

このことから「コロナ目がかゆい(腫れる)と感染している=新型コロナウィルスに感染している」という噂に繋がったということと思えます。

 

スポンサードリンク
 

 

コロナ目から感染した症状は?

実際にコロナウィルスが目から感染した時の症状は結膜炎と似ているというため、目から感染した場合は具体的にどのような症状などを起こすのかをまとめました。

目からコロナウィルスが感染した時は、ウイルス性結膜炎と言われる結膜炎の症状を起こします。

ウイルス性結膜炎とは、細菌よりも小さき微生物であるウィルスが目の結膜に侵入したのが原因で炎症を起こすことを差し、コロナウィルスの侵入による結膜炎もウイルス性結膜炎の部類に入ります。

 

下記のような症状が出るとウイルス性結膜炎の可能性が高いです。

・結膜の充血
・涙が異様に出る
・目ヤニがたくさん出る
・まぶたが腫れる

そのため、上記のような症状が出たらもしかしたらコロナウィルスの初期症状として結膜炎になってる可能性も考慮して対処をしてください。

コロナウィルスは感染力が強いため、周りに移さないように十分に注意してください。

もし病院い行ってもただの結膜炎と判断をされたとしても、手洗いうがい・マスク着用・目の周りを触らないなどをして周囲の配慮をするようにしてください。

 

スポンサーリンク

コロナ目からの感染を防ぐ予防・対策方法は?

では実際にコロナウィルスが目から感染しないようにするためはどのよおうな予防や対策が必要でしょうか?

一番身近で出来る対策としては、手洗いうがい・マスク着用・目の周りを触らないなどをすることが一番だと言われています。

また普段から咳エチケットだけでなく、目やに・なみだに対するエチケットも大事となっています。実際に下記のような予防をしてください。

 

①マスクがない状態でくしゃみが出そうになったので、手で押さえた。
→手をよく洗い、消毒を心がけましょう。

②目の周りがかゆくなったので、掻いた
→手をよく洗い、消毒を心がけましょう。また、目がかゆくても手洗いをしていない場合は絶対に触らないようにしましょう。

③目やに、なみだがでてきた。
→ティッシュで拭いてポイっと捨てる。もしくはハンカチで拭いて、ポケットにしまうことはないようにしましょう。

 

また、花粉症の人向けのゴーグル着用や、目うがいなどをすると、目からの感染を防げるので、上記の予防・対策と一緒にやりましょう。

 

このように、ちょっと面倒ばことかもしれませんが、そのような予防をすることから、コロナウィルスの感染を防ぐことが出来るので、面倒くさがらずに小まめに手洗い・うがい・消毒をするように心がけましょう。

 

スポンサードリンク

コロナ目がかゆい(腫れる)と感染の恐れ!?真相とその予防方法は?

いかがでしたか?

コロナウィルスの目の感染についてを調べました。

 

今回の内容をまとめると、

POINT
✔️ウィルスがついた状態で目をかくと感染する恐れがある
✔️コロナウィルスは目からも感染する恐れがあるという
✔️コロナによる結膜炎は、通常の結膜炎の症状と同じなため区別つきにくい
✔️目は絶対にかかずに、手洗い・うがい・消毒・マスク着用を心がける
✔️花粉症の人向けのゴーグル着用や、目うがいをすればさらに予防出来る

上記のような内容がわかりました。

 

実際に国内でもコロナウィルスに感染している人はどんどん減り、コロナウィルスの影響からイベントなども中止になっていったりと日本を騒がせています。

 

手洗い・うがい・消毒・マスク着用の他にも目からの感染の恐れも考慮し、目は絶対にかかない・ゴーグル着用や目うがいなど目の予防・対策も十分に必要になってくるので、目は関係ないからと油断しないでください。

 

そん油断がコロナウィルス感染に繋がる恐れがありますので、感染拡大を防ぎましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事